2017年10月14日土曜日

ロードバイクの奥深さについて


こんにちわ。だいじんです。

なんか、ロードバイクって深すぎて辛いっすね。このロードバイクが良いとか言っていても、ホイールやタイヤを1つ買えるだけでぜんぜん違う乗り味になる。

回転運動に対する抵抗の大小

なんてのもあります。↑を見るとリムが軽く、ハブやスポークが重いほうが転がりが速くなりそうですよね(^_^;)

さらに、みんな自分の体重を表記せずに柔らかいだの堅いだの言っている。。。

普通に考えて、体重が50kg台の人と、90kg台の人で堅いとか柔らかいとか比較になってないですよね。。。

フレームとかも好みが別れるし、素材で選べば良いのか?と思ったら、精度なんてのも重要になる始末。。。深すぎて辛い。。。

結果、何を信じれば良いのか?としたら、乗ってみたフィーリングだと思います。乗ってみて堅いほうがいい人もいれば、柔らかいほうがいい人もいます。

レース系のロードが好きな人もいれば、ロングライド向けが好きな人もいます。とりあえず、試乗しまくるのが正解だと思います。

そういえば80万とかする電動ギアチェンジのロードバイクを試し乗りしたのですが、堅くて軽いなぁとは思ったのですが、値段差ほどの良さを感じられなかったです。

それよりも東洋フレームのクロモリロードに乗ったほうが感動がありました。ハンドルの周りの剛性が高いのか?、ハンドルの安定性が半端なくて、すごい乗りやすかったのです。最上級のカーボン&クロモリは、個人的には堅いのでクロモリのほうが良いなぁと感じました。あ、僕の体重は55kgなので、何に乗っても堅いという事かもしれません。

今度また試乗に行くので、そこで買うかどうか?決めようかと思います。

0 件のコメント:

コメントを投稿